小額でも資産運用はできる?初心者が今から始める資産運用とは

投資活動はさほど多くの資金がなくてもできるものです。しかし、投資の初心者が始める場合には、小額でできる資産運用は種類が限定されます。

そこで今回は、投資の初心者はどの金融商品で小額での資産運用をすればよいのかを詳しく説明します。

投資活動はさほど多くの資金がなくてもできるものです。しかし、投資の初心者が始める場合には、小額でできる資産運用は種類が限定されます。

そこで今回は、投資の初心者はどの金融商品で小額での資産運用をすればよいのかを詳しく説明します。

小額で資産運用するメリット

小額で資産運用するメリットはふたつあります。まずひとつは損失が出ても限定されるため、ダメージが少ないことです。そしてもうひとつは、初心者が「投資活動に慣れる」という点にあります。

このふたつのメリットを考えると、選ぶべき投資対象が決まります。まずリスクが少ないもの、そして初心者でもわかりやすいものです。

たとえば小額の資金でできる先物取引の場合、その仕組みは複雑ですしハイリスクハイリターンとなります。FX取引も少ない資金で行えますが、リスクは高いものです。

このように選別していくと、小額でおすすめの資産運用は2つに絞られます。それは以下のものです。

  • 投資信託
  • 株式

それぞれを詳しく説明します。

投資信託

ひと口を1万円程度で購入できるのが投資信託の魅力です。運用自体は業者にまかせるので、自分で行う必要がありません。

投資信託の仕組み

投資信託は資産運用の専門業者が株式や債権、不動産などに投資をする金融商品です。投資信託によって運用方針や投資対象が異なり、運用成績も違います。

投資信託の価格は「基準価額」と呼ばれ、日々変動しています。最初は1万円に設定されるものが多く、運用を続けるうちにその額は増減していきます。

投資信託で得られる利益は2種類あります。

ひとつは投資対象によって得られた利益の分配金です。株式の配当や債権の利子などがその原資となります。分配金が支払われるのは毎月や半年ごと、あるいは1年ごとなど投資信託によって違います。

そしてもうひとつは、投資信託を売却することで得られる基準価額の値上がり益です。基準価額は運用する株式の株価変動や債権価格の変動に応じて増減しています。そして購入時よりも売却時のほうが基準価額が高くなれば、利益となるわけです。

投資信託の選び方

小額で購入できる投資信託ですが、その選び方を説明します。

まず分散投資をする意味で、運用スタイルの違うものを選ぶことをおすすめします。たとえば国内の株式と海外の株式それぞれで運用する投資信託や、債権のように変動リスクの少ないもの、あるいは不動産で運用するものなどに資金を振り分けます。

また分配金を支払うものよりも、再投資するものがおすすめです。

投資信託は分配金を支払うものと支払わないものがあります。支払わないものは再投資といって、利益を運用資金に回します。つまり複利で投資金額が増えていくので、利益もそれに応じて増加していくのが理由です。

株式

株式は企業が発行するもので、配当金と株価の値上がり益の両方を狙える金融商品です。投資信託で資産運用に慣れたら、自身で運用してみることをおすすめします。

株式投資の仕組み

株式投資は企業が発行する株式を購入するものです。業績に応じて株価は増減し、配当金も増減します。

基本的には株式は100株あるいは1000株単位で購入しますが、証券会社によっては1株から売買できます。そのため小額投資の対象となるわけです。

ただし1株単位で購入できる株式には、いろいろと制限があります。

たとえば通常の株式売買でできる「指値注文」ができないという注文の制限があります。また株式市場が開いている間はいつでも取引できるかというと、そうではありません。

1株単位で購入できる株式は、日中に出した売買注文は翌営業日の市場が開く時、つまり「寄り付き」で執行されるという特徴があります。好きなタイミングで売買できない点には注意が必要です。

株式の選び方

小額で資産運用する場合、株式は1株単位で売買できる「ミニ株」などが対象となるでしょう。この場合、注文と執行には通常の株式投資にはない制限があるので、銘柄選びは重要です。

まず短期での株価変動が大きな銘柄は避けたほうがよいでしょう。買い注文を出した翌日に急騰したり、逆に売り注文を出した翌日に急落することがあるからです。

株価のチャートを見て、長期トレンドがゆるやかに上昇している銘柄を選ぶことをおすすめします。また、一度に資金をすべて投入せずに、少しずつ買い増しをするのもよいでしょう。

まとめ

単純に小額で始められる金融商品はほかにも数多くありますが、特に投資の初心者におすすめなのは上記の2つです。この2つの金融商品で資産運用を続けていれば、経済の動きと金融商品の動きにどのような関連性があるのかもわかるようになるでしょう。その意味も含めて、まずは投資信託か株式で資産運用することをおすすめします。

 

最新記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

翻訳する