資金によって違う?株の投資の始め方を知っておこう!

資金に応じて、株式投資の始め方は違います。そこで今回は、資金によってどのように株式投資を始めるのか、その方法を説明します。

資産運用に株で投資をしようと考える方は多いでしょう。ただ、運用できる資金の額は人によって異なるものです。

そしてその資金に応じて、株式投資の始め方は違います。そこで今回は、資金によってどのように株式投資を始めるのか、その方法を説明します。

 

株式投資はどのように始めるの?

まずは基本的な株式投資の始め方を説明します。

1.証券会社の口座を開設する

株式投資は株式市場で取引されている株を売買して行います。そしてその株式の売買には、「証券口座」が必要です。

証券口座を開設するためには、証券会社を選んで申し込みをします。証券会社は株式売買の手数料やサービス内容が違うので、よく吟味してから選びましょう。

証券口座はネットから手続きをして開設できますが、マイナンバーや本人確認の書類などが必要になります。

2.証券口座に現金を預ける

株式の売買には現金が必要です。そしてその現金は、開設した証券口座に入金します。

入金方法は主にふたつあります。ひとつは証券会社が指定する銀行口座に振り込む方法、そしてもうひとつはインターネットバンキングを利用してネットから手続きをする方法です。

3.株式を選ぶ

証券口座にお金を預けたら、いよいよ株式投資を始めます。とはいっても、何を買えばよいのかわからないというのが多くの人の悩みでしょう。

そこでまずは、購入すべき株式を選ぶという作業が必要です。株式の選び方はいろいろとあります。株式を発行する企業の業績をチェックすること、株価の動きが堅調であるものを探すことなどです。

また株式市場全体の値動きをチェックして、いつ購入するかを判断することも大事です。

4.購入した株式を管理する

株式投資は株式を購入したら終わりではありません。その後の企業の業績や株価の値動きをチェックして、保有を続けるのか売却して別の銘柄を購入するのかを検討することが大事です。

このように保有する株式は管理をするという作業が必要になります。

 

株式投資にはどのくらいの資金が必要なのか

株式投資を始めるための簡単な説明をしたところで、実際にどのくらいの資金が必要なのかをご紹介します。

株式市場で売買できる株式は相当の数があります。たとえば東証一部上場企業は2000社ほどあるので、2000ほどの銘柄から購入できるというわけです。

そしてその2000ほどある銘柄の株式ですが、それぞれ購入できる金額が違います。

株式の購入は、株価と購入できる最低限の株数によって必要な資金が決まります。安い株式は株価が数十円となっていますし、最低限必要な購入数は100株からとなっています。

つまり最低限、数千円の資金があれば株式を購入できるということです。

もちろん、株式は購入できればよいというわけではありません。投資とはその企業が集めたお金を有効利用し、業績を向上させて利益を増やすために行うものです。

たとえば赤字を埋めるために資金を集めていては、業績の向上は望めません。つまり投資先をしっかりと吟味して購入すべき銘柄を選ぶ必要があるということです。その結果、選んだ銘柄の株価によっては必要となる資金がもっと多くなることもあるでしょう。

となれば、わずか数千円の資金しかないとすれば銘柄の選び方もそれなりに考えなければなりません。

それを踏まえて、用意できる資金別に株式投資の始め方というものを説明します。

 

資金別の株式投資の始め方

それでは具体的に、資金別の株式投資の始め方をご紹介します。

○数百円の資金での株式投資の始め方

株式には単元株というものがあり、最低限購入すべき株数が決まっています。最低100株から購入できますが、実は証券会社によって1株から購入することも可能です。

「ミニ株」などと呼ばれるもので、通常の株式投資とは異なる性質を持っています。たとえば配当金は受け取れるが議決権がない、といった特徴があります。

この1株単位で購入できる株式投資であれば、わずか数百円の資金で始めることができます。株主優待を受け取ることもできませんが、配当金や売買による値上がり益は手にすることが可能です。

まったく初めて株式投資をするという方は、この1株単位の売買で投資活動に慣れるとよいでしょう。

注意点としては、直近で大きく値下がりした銘柄は避けることです。安ければ良いというわけではありません。中期的にみて安定的に株価が推移している銘柄を選ぶようにします。

10万円以下の資金での株式投資の始め方

10万円近くの資金があれば、ある程度は株価の高い銘柄を単元数(決められた株数)で購入できます。数百円の銘柄を100株購入して数万円、となるわけです。

株価が数百円の銘柄は値動きが軽いので、業績が安定している企業を選ぶようにします。

10万円を超える資金での株式投資の始め方

資金が10万円を超えると、いろんな売買のしかたができます。

たとえば株価が1000円を超える、値動きの大きな大型株を購入したり、あるいは数百円の銘柄をいくつか購入する分散投資をしたりといった方法があります。

株式投資の初心者であれば、複数の銘柄に資金を分割する方法がよいでしょう。購入した銘柄の企業業績をチェックし、悪化している企業の株式は業績が向上している企業の銘柄と入れ替えるといった管理をすることをおすすめします。

 

まとめ

株式投資といっても、用意できる資金に応じて始め方が違うことがわかります。購入できる銘柄によって戦略も変わるので、自分の資金量によってどのような株の始め方をすればよいのかを把握しておくとよいでしょう。

最新記事

翻訳する