これだけは知っておきたい!投資にはどんな種類があるのか

投資を検討する場合、まずはどんな種類があるのかを把握しておきたいものです。実際、投資活動にはいろんな種類があります。
そこで投資と呼ばれるものにはどんな種類があるのか、そもそも投資とは何かをわかりやすく説明します。

投資を検討する場合、まずはどんな種類があるのかを把握しておきたいものです。実際、投資活動にはいろんな種類があります。

そこで投資と呼ばれるものにはどんな種類があるのか、そもそも投資とは何かをわかりやすく説明します。

そもそも投資とは何か

投資の種類を把握する前に、まずは「投資とは何か」を確認しておきましょう。投資活動だと思っていることも、実は違っていたということがあるからです。

投資活動とは?

投資活動とは「お金を増やす行為」というイメージがないでしょうか。これは結果論であって、投資とは本来、「生産能力を高めるために資本を投じる」ことです。

たとえば企業へ投資する場合、企業はその資金を使って設備投資や研究を行い生産性を高めます。その結果、利益を増やした場合に投資家へその一部を還元するのです。これが投資による利益となります。

投資と投機の違いを知っておこう

「投資は大損をする可能性があるので危険」そんな言葉を目にしたことは、誰もがあることでしょう。確かに、投資はほとんどが元本保証がありません。

しかしなぜ投資をすると大損をする可能性があるのかというと、大きなリスクを取るからです。

たとえば大きな値動きをする株式を購入すると、大きく値下がりをするリスクがあります。あるいは「信用取引」を行うことで投じる資金以上の売買をすると、損失リスクは高まります。

ほかにも大きなリスクを取る投資方法に、「投機」があります。

たとえば株価の値動きに乗って短期売買を繰り返す「デイトレード」は投機活動と言えます。為替変動を利用するFX取引も、投機と言ってよいでしょう。

投機活動も、資本市場でお金を円滑に流通させるという意味では不可欠のものです。そして投機により莫大な利益を得る個人あるいはファンドがあるのも事実です。

しかし投資の初心者はリスクを極力抑えて資産運用する必要があるので、投資と投機の違いをきちんと理解しておくようにしましょう。

投資の種類について

投資は「何に」対して「どのように」行うのかを決める必要があります。つまりその組み合わせの数だけ、投資の種類があるということです。

「何に」投資するのかは投資対象となりますが、株式や債券、不動産などがあります。「どのように」の選択肢としては、自分で行うのか、あるいは運用会社に任せるのかがあります。

以上をふまえて、投資を種類別に説明します。

株式投資

株式投資は企業が発行する株式を購入する投資方法です。株主となって得られる利益は、企業が利益の一部を分配する「配当金」と、株式そのものが値上がりすることで得られる「売却益」があります。

配当金は企業の決算後、年に1回あるいは2回支払われます。企業の業績によって配当金は増えたり減ったりするのが特徴です。

売却益は株式を売却した際に、購入時よりも売却時のほうが株価が高ければ得られます。逆に値下がりしてしまうと損失となりますし、万が一企業が倒産することになれば、購入金額のほぼすべてを失うリスクがあります。

不動産投資

不動産投資は不動産を購入し、賃貸として貸し出すことで家賃収入を得る投資方法です。

多くの場合、物件を現金で購入せず事業用ローンを組む形で運用し、ローンを家賃収入で支払います。サラリーマンでも不動産投資をすることで、節税効果が得られるのが特徴です。

不動産投資での利益の出し方は2通りあります。1つめは家賃収入と節税による税金還付でローンを支払い、その残りを利益とする方法です。そしてもうひとつ、物件を売却して利益を得る方法があります。

不動産は経年による価格下落により、購入時より売却時の金額のほうが少なくなるケースが多いものです。その損失分をローンの元本返済分でカバーし、差額が残れば利益を生み出します。

債券投資

債券投資は国や企業などが発行する債券を購入し、利息を受け取る投資方法です。

国が発行する国債も個人で購入できるので、低リスクでの資産運用が可能です。償還日まで保有すれば元本が返済されますが、途中で売却する場合には元本割れをする可能性があります。

また金利が高くなれば債券価格は下がるので、償還前に売却すると損失が発生するので注意が必要です。

投資信託

投資信託は投資家自身が資産運用をせずに、運用会社に委託する投資方法です。投資対象は株式や不動産、債券などのほかに商品先物など多岐にわたります。

利益は運用益から支払われる分配金のほかに、売買される投資信託の「基準価額」の変動によっても得られます。購入時よりも売却時の基準価額が高ければ利益となり、逆に低ければ損失となります。

証券取引所に上場されている投資信託はETFと呼ばれ、多種多様な商品が提供されています。

まとめ

投資は株式や不動産、債券など多様な対象があることがわかります。さらに自分で運用するのか、あるいは運用会社に任せるのかといった選択肢もあります。投資で資産運用する場合には、この中から自分に合ったものを選んで運用することが大切です。

最新記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

翻訳する